流れ

婚活の最終手段とも言われる連名型の結婚相談所では、まず始めにカウンセリングから行なっていきます。
カウンセリングでは、自分の理想としている異性を伝えたり、相手に求める条件などを伝えていきます。
それと同時に自分の性格や趣味、職業などもカウンセラーに伝えます。

カウンセリングによって、自分に合ったプランをカウンセラーの方が選んでくれます。
サービス内容、料金ともに問題がなければ、入会手続きをします。
入会手続きには、独身証明書や住民票、免許証、プロフィール写真、源泉徴収票、などの書類が必要になってきます。

入会手続きが完了すれば、結婚アドバイザーとともに、自身のプロフィールを作成していきます。
プロフィールを作成する際は、アピールポイントや自身の魅力について記載します。

このプロフィールが登録されたら、あとは異性探しに入ります。
結婚アドバイザーと共に、自分の理想としている異性を探し出し、アプローチをかけていきます。
気になる異性が見つかれば、お見合いの申し込みを結婚アドバイザーが行います。

お見合いが上手く行けば交際に入ります。
交際中も結婚アドバイザーが様々なフォローに入ってくれるので、結婚へとより近づけます。

交際も順調にいけば、いよいよ成婚です。
結婚を決めた時点で成婚になるので、結婚相談所へ連絡をして成婚料を支払います。

種類

婚活といえば、結婚相談所へ登録をして相手を探すのが一番の近道ですが、婚活パーティーへの参加も結婚への近道となります。
婚活パーティーは、結婚を求める男女が出席しているイベントです。
合コンや一般的なパーティーでは、真剣に結婚を考えている方の出席は少ないですが、婚活パーティーであれば、出席している全員が結婚を意識しているので、出会えるチャンスが広がります。

お見合いではなく、パーティー形式で行うため、より多くの異性との出会いがあります。
婚活パーティーのメリットといえば、登録作業を行う事なく、婚活が出来るという事です。
結婚相談所では、様々な手続き、登録作業があるので、サービスを利用するのに少々の手間がかかります。
婚活パーティーであれば、こうした手続も不要で、パーティー参加の受付さえ行なっていれば、誰でも参加出来ます。

結婚相談所よりも費用を抑えて相手を探す事が出来るので、若い世代の男女が中心となって出席しています。

連名型

本気で結婚を求めているのであれば、連名型、フランチャイズ型の結婚相談所へ登録します。
料金は少し高めになりますが、婚活の中でも結婚への一番の近道となります。

連名型であれば、結婚までの一連の流れを徹底的にフォローしてくれます。
連名型の特徴といえば、やはり結婚アドバイザーの存在です。
結婚できない理由やどういった形で異性と会話をしていけば良いのか等のアドバイスをしてくれます。

結婚できない理由は、自分でも気づかないもので、相手に言われて初めて気がつくものです。
これまで気が付かなかった異性との付き合い方や会話の仕方などを細かく教えてもらいます。

結婚アドバイザーだけではなく、連名型の結婚相談所に在籍しているスタッフは、いち早く結婚へ繋げられるように様々なサービスを行なってくれます。
自分と相性が合いそうな異性のデータを毎日送ってきてくれたり、出会えそうなイベント情報などを細かく報告してくれます。

オススメリンク

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー